ニューヨーク最新ランニング事情

投稿 2014年11月28日 18時53分24

ニューヨーク最新ランニング事情

汗ばむ陽気の日もあれば雨がぱらつき少々肌寒い日もあり、 体調の崩しやすい時季でもありますが、皆さんいかがお過ごしでしょう? 海外で活躍したサッカー選手の帰国のニュースがあったり、 Jリーグ、プロ野球でも熾烈な争いが繰り広げられる中、 自分でもカラダを動かしたくなる季節でもありますよね。

そして、間もなく肌の露出も多くなる夏がやってきます。

カラダ作りをするにはまたとないタイミング、 もちろん、それには正しい知識が必要です。

そこで今回の『ひと味違うメニュー内容』の特集は、 〈最新版 カラダ作りのキーワード139〉。

きちんとカラダ作りをするのに、知っておきたい最新のキーワードを、 「絞る」「鍛える」「動ける」「痩せる」「気になる」 などのジャンルに分けて徹底解説。最近にはない新しい試みの特集です。 著名人、本、WEB、アプリなど、その他にも話題のキーワードが満載。 139のワードをじっくり読み込んで、あるいは実践して、 カラダ作りにしっかりと役立ててください。

連休中は仕事で、ニューヨークにいました。 もちろん時間を見つけて走るつもりで、ランニングシューズはバッチリ持参。 結局、走ったのは2回だけでしたが、平日の朝からセントラルパークを走る 女性の多さには驚かされました。

割合としては、男性6割に女性4割という感じ(数ブロック離れたハドソン 川沿いのランニングコースは、男性の割合が高かったのですが)。 スポーツアパレルのバイヤーたちも注目する、ニューヨーカーのランニング ウェアは、いたってシンプル。

ランスカはむしろ少数で、主流はTシャツ短パン。特別ではなく、フツーな 感じがらしいところ。

公園の南半分のショートコースを走るのは、1キロ5分を切ってガツガツ走 るハイペースさん。

彼らのペースに巻き込まれないよう、他のジョガーは自分のリズムを守るべ く、音楽を聴きながら走っている。

一方、ジャクリーン・ケネディ貯水池も含めて10km弱のロングコースを走 るのはLSD系のランナーたち。当然、走り込んでいる体型が目立ちます。 マンハッタンのランステ事情を現地のコーディネーターに聞いたのですが、  みんな家に帰ってシャワーを浴びるとか。

確かに、クルマにバイクを積んできた人も、走り終えたらウェアのまま帰っ ていたし……。 というところで、以上、ニューヨーク最新ランニング事情のショートレポー トでした!